本文へスキップ

元気いっぱい 夢いっぱい

電話でのお問合せ:TEL.201-585-0555(平日)
201-493-9222(土曜)

2 Executive Drive, #660, Fort Lee, NJ 07024

Japanese Weekend School of NJ -ニュージャージー補習授業校-

校長日記 Principal Diary


このページの先頭へ
  先生方の手引き書
  −2018年度版−
     
3月22日(木)

 21日(水)は1日中風雪で事務所の窓から外を見ても殆ど景色が分かりませんでした。前任の校長から「教員必携(先生方の手引き書)」を年度末に改訂し、年度初めに配布するようにという指示を受けていたので、1年間補習校の運営、事務所での勤務を通して実情に相応しくない内容について改訂しました。4月7日に先生方に配布します。
   クラスの解散式
  
  3月21日(水)

 最終日の帰りの会が終わった後の1年生の教室の前を通ると、担任の先生が子供たちを集めていました。最後の話と2年生になることへの期待の言葉をかけて、1年間学んできた教室や子供たちとのお別れのセレモニーをしていました。
   修了証授与
  
 3月20日(火)

 5年生の教室では学習発表会後、担任の先生から一人一人に「修了証」が手渡されました。今年一年間のがんばりと来年度は初等部最上級生としての活躍を期待しての言葉が添えられました。
   初等部学習発表会
  
   3月19日(月)

  初等部では、17日の4校時からは各学年で教室においてこれまでの学習をまとめる「学習発表会」が行われ、1年間の成果を参観するためにたくさんの保護者の方々が教室に訪れていました。学年ごとに決めたテーマに沿って練習を重ねた内容を、多くの保護者に見ていただきました。題目は同じでも発表スタイルは各学級様々に工夫された中での子どもたちの頑張りに、保護者からの熱い眼差しと拍手がありました。     
4年生での発表の様子→
   学習発表
   
 3月18日(日)

 各階の廊下には、国語で学んだ成果の発表が掲示されていました。
 1年生の廊下には「どうぶつの赤ちゃん」について、自分の興味をもった動物を決め、その赤ちゃんの成長について調べたことを自分の言葉でまとめていました。1年経つと漢字やカタカナを含めた文章が書けるようになっていることに成長を感じました。
平成29年度卒園・卒業式    3月17日(土)
 17日は本校の卒園式・卒業式です。オーディトリアムにおいて、9時15分より幼児部年長組の修了証書授与式を行いました。そら組21名、にじ組21名の合計42名の子どもたちに証書を渡しました。
 また、11時からは初等部、中高等部の卒業式が行われ、初等部6年生1組16名、2組15名。中等部3年生1組14 名、2組13名。高等部2年生25名の合計83名に卒業証書を渡しました。最後の「蛍の光」は高揚した式の余韻を残す、素晴らしい全体合唱となりました。
父母の会図書委員の皆様
   
 3月15日(木)

 図書室の前や廊下には子供たちや保護者の皆様に向けた図書や最新の情報が掲示されています。
 お陰様で、午前の図書室はいつも子どもたちの本を探す姿でいっぱいです。幼児部から3年生までの子どもたちが時間差で訪れますが、限られたスペースはいつも混雑気味でご迷惑をおかけしとこともありました。明後日

17日が今年度最終活動日になります。1年間ご活動いただきましたことに深く感謝申し上げます。大変お世話になりました。
   茶の湯クラブ
   
 3月14日(水)

 10日の放課後ホールでは北澤先生ご指導のもとで、茶の湯クラブの活動や一般の方の参加によるお点前が行われました。参加者は、お点前の所作について丁寧な説明を受けた後、作法に則っておいしい一服をいただきました。
ニューヨーク群馬県人会総会
    
3月13日(火)

 11日の午後4時より、ニューヨーク群馬県人会総会に初参加しました。今年で11回目だそうで、会場には子育て真っ最中のご夫妻の参加が殆どでした。それでも、ニューヨークに40年以上住まわれている年配方の参加もあり、渡米当時の時給2.2ドルでの生活の様子など伺うことができたり群馬弁での楽しいひとときを過ごしてきました。
NJ日本人学校卒業式
    
3月12日(月)

 本日12日午後1時より、NJ日本人学校で卒業式が行われました。
 校長先生から、「真摯」の言葉と話があり、来賓の方々からも祝福のお話がありました。初等部4名、中等部11名の合計15名の子どもたちは厳かな雰囲気の中で卒業証書を受け取りました。
 中高等部文化祭その2
    
3月11日(日)

 10日の放課後には中高等部の各教室に設営された様々なゲーム等に授業を終えた園児や初等部の子供たちは保護者と共に訪れ、モグラ叩き、紙飛行機飛ばし、ヨーヨーつりや金魚すくい、お化け屋敷などを楽しんでいました。それぞれの会場から時折歓声が沸き起こり、どの会場も盛況ぶりが伺えました。NJ学校運営委員会の細井委員長もお忙しい中ご来校いただきました。ありがとうございました。
  中高等部文化祭
    
3月10日(土)

 10日は中高等部の文化祭が行われました。1月末から少しずつ時間を使い準備してきました。高等部2年生は、恒例の劇を発表しました。「美濃屋のお守り」という劇でした。全員が役どころを意識し、江戸時代雰囲気を十分に醸し出した素晴らしい発表でした。
ジャズを楽しむ中高生
    
3月9日(金)

3日の放課後には楽器を持った中高生が集まっていました。時間がある時に集まって演奏の練習をするのだそうですが、メンバーが全員揃うのはそれぞれの都合があり難しいようでした。
それでもこれまでの練習でジャズ5曲は演奏できるそうです。
  文化祭劇の背景画
    
3月8日(木)

2月に入って、高等部の廊下や美術室では、10日の文化祭での劇に使う背景画を作成しています。毎年
、版画家として活躍されていらっしゃる作山o治先生(本校元教員)にお願いしています。今年の劇は「江戸時代の民話」ということで民家や山寺の背景画の作成に取り組んでいらっしゃいました。
 当日は、劇と共に背景画もお楽しみください。
  3月父母の会役員会
     3月7日(水)
 3日には今年度最後となる父母の会の役員会が、開催されました。今年度予算の執行状況及び来年度予算案の編成、各部の卒業に伴う諸準備品の進捗状況の確認、4月21日の父母の会の総会に向けての各種資料の準備について担当者から説明がありました。クラス係の選出については、役割の再確認及び選出方法の検討を行いました。
   第3回 理事会
     3月6日(火)
6日、「ニューヨーク日本人教育審議会」の本年度最後の理事会が行われました。この会議で、審議会傘下4校の平成30年度授業料等の予算案が審議され、承認されました。また、吉田会長をはじめ退任される理事の後任人事についても承認されました。学校の円滑な運営のために、様々な面からご指導をいただきました吉田会長様をはじめ、理事の皆様には1年間大変お世話になりました。
頑張ったことの発表ー1年生
     3月5日(月)
 3日の3校時の後半に1年生の学習の様子を参観しました。国語の学習でこの1年間で頑張ったことについて一人一人が作文して、前に出て発表していました。「国語を頑張りました。2年生になったら漢字を読むことを頑張ります。」「リレーを頑張りました。2年生は漢字を頑張ります。」「算数を頑張ります。」など大きな声で発表していました。
幼児部お雛様づくり
   3月4日(日)
 3月3日はひな祭り。女の子の健やから成長を願い、雛人形を飾って祝う日本の春の伝統行事です。幼児部では一人一人がお雛様を作りました。(上段の写真)本校では毎年この時期に行事部の皆さんによって玄関前ホールに立派な雛かざりが設置されます。本年も3/3の授業日に子どもたちのために朝から準備をしていただきました。
←ひな壇の前に立つ5年生
   図書紹介の工夫
    3月3日(土)
 毎週土曜日に開かれている学校図書館(父母の会運営)の前には、利用者の皆さんの興味を引く記事の掲示が行われています。
 先週と今週は、「サバイバル」をテーマした特集の記事が掲示されていました。また、日本語教材として「漢字の学習に少しでも興味を持って学べるように」という漢字の成り立ち、漢字パズル、漢字カルタなどの紹介の記事も掲示されていました。
 図書だよりでは、年度末を控え図書の返却への案内が掲載されていました。借りた本を間違いなく期間内に図書室用に返却していただきますように、ご協力をお願いいたします。
   新年度へ向けて
   
−スクリーニング−

      3月2日(金)
 2月24日(土)の午前中、5組の保護者の方々が、平成30年度の入園・入学のためのスクリーニングのために来校されました。
 このスクリーニングは、補習校に入学するにあたって当該学年の学習について行けるかどうかを判断するために行っています。
 幼児部は、絵を見ながら質問に日本語で答えられるかどうか、初等部以上は国語の漢字や読み取りのテストと面接を行います。
     初等部6年生
  -6年間で成長したこと-
      3月1日(木)
 24日の3校時、6年生の教室では「中学校へつなげよう」という単元の学習として、これまでの6年間の習を振り返って、どんなことができるようになったか、また、将来どんなことをしたいのかについて、一人一人が発表していました。
 きらいな算数がわかるようになった。まだ、1日も学校を休んでいない。将来は、動物の病気を治してあげられる獣医師になりたい。技術者になって、高齢者の生活をさせたり子どもと一緒に遊んだりできるロボットを作りたいなどの発表がありました。「君たちに是非将来を担ってもらいたい」と思いました。

information

Japanese Weekend School of NJ
ニュージャージー補習授業校

2 Executive Drive, Suite660,
Fort Lee, NJ 07024
TEL.201-585-0555(平日)
   201-493-9222(土曜)
FAX.201-585-1981
http://www.jwsnj.org
E-mail: njws@jwsnj.org


*バスの乗車申し込み(Jersey City, West NY, Summit line )はこちらから→。


代用教員募集!
詳しくはこちら