本文へスキップ

元気いっぱい 夢いっぱい

電話でのお問合せ:TEL.201-585-0555(平日)
201-493-9222(土曜)

2 Executive Drive, #660, Fort Lee, NJ 07024

Japanese Weekend School of NJ -ニュージャージー補習授業校-

校長日記 Principal Diary


このページの先頭へ
    3年生国語
  ー言葉を分類しようー

    12月11日(火)
3年生では国語「分類」の学習を3〜4人のグループで取り組んでいました。各グループは教科書に載っている言葉を「にているもの」とか「なかま」、「同じ特徴」に分類をします。教科書には分類の例が載っています。それとは「別の分け方」を相談して分類するのが課題でした。いろいろな考えを出し合って、分類する決め手となる分け方を絞り、分類ができあがりました。同じような言葉をまとめていても「学校に関するもの」「感情を表す言葉」など様々な分け方があることを学習していました。
    2年生国語
 ー詩にメロディーをつけてー

    12月10日(月)
2年生では「わたしはおねえさん」という単元の音読をしていました。まずは、一人一人が2〜3行の小さい段落ごとに順番に読みました。途中の文章におねえさんの考えた「詩」が載っていました。先生が、『この詩にメロディーを付けて歌ってみてください。』と働きかけると、子供たちはしばらく曲想を考え口ずさんでみた後、元気よく手を挙げて僕が歌う、私が歌うと積極的に歌ってくれました。
   6年授業研修(国語)
    12月9日(日)
8日の2校時に6年生の授業研修を行いました。国語の「日本で使う文字」についてでした。今日日本で使っている仮名や漢字についての由来、特質を理解させるというのが目標でした。
授業では漢字を使う理由、仮名を使う理由等について教科書を読み進め、一人一人学習シートに分かったことを書き込み、みんなで確かめながら進めていきました。漢字と仮名が混じっていても漢字は表意文字なので読みにくくないなどの色々なつぶやきが出ていました。
    6年生算数
    ー比例を詳しく調べようー
    12月8日(土)
 12月に入り6年生では「比例」について更に深める学習を行っていました。この日は、ともなって変わる2つの量について、平行四辺形の底辺の長さを4cmとし、高さxcmと面積ycm2の関係について調べていました。
子供たちは教科書のグラフ用紙に高さが1cmずつ増えたときの面積の値を記入していきました。そして、グラフ上の点を結んでできた直線を基に比例のグラフの特徴を見つけ出していきました。
  今年も巨大バブル出現!
    12月7日(金)
 今年も、先月末に駐車場の北にあるテニスコートをスッポリと覆う巨大なエアドーム(40m×20m)が設置されました。バブルと言うそうです。春先まで設置されているそうです。1日の昼休みに行ってみると一番奥の方ではパラマス校のチアリーディング部が1月のコンテストに向けて練習していました。いつもは5〜6年生も利用しているのですが、この日は数人の高校生がバスケットボールを楽しんでいました。全天候型なので、寒い冬の間、また雨天の日など子ども達にとって貴重な活動の場となっています。
 児童会活動(ゲームで楽しんで)
  ー2年生を招待してー

    12月6日(木)
 1日の昼休みに児童会の5・6年生が2年生を招待して、手作りのゲームで楽しませてくれていました。6年生の教室では2つのチームに分かれて、与えられた課題の「寿司」を早く完成させるというゲームで2年生を楽しませていました。写真下の様子は、『ネギトロ』という課題に、各机にある寿司ネタの中から必要なものを素早く選んで集め、他よりも早く完成させようとネタに向かっているところです。
    漢字の造語力
   ー翻訳語って?ー

    12月5日(水)
 1日の2校時の中等部3年生の授業は歓声が聞こえてきましたので参観しました。「漢字の造語力」について3人一組のグループになって学習していました。明治時代以降、日本人は造語によって新思想を吸収してきました。表意文字である漢字が持つ「意味のつながりで類推する」といった特性は、かっての日本人はフル活用してきたのだと言えます。 そんな当時の日本人になったつもりで「ケーキ」を何と表現するか3人で相談して最も相応しい漢字で表記する(チーム対抗で)という学習でした。「甘糖丸箱」とか「白苺円」など「苺ショートケーキ」を連想する造語が作れました。生徒達は、知っている漢字の意味を大事にして造語を作っていました。
 

   高校国語羅生門を読む
    12月4日(火)
 1日の2校時に高校生の授業を参観しようと教室に入ると、芥川龍之介の「羅生門」について学習していました。まず、先生から作品の読み方について説明がありました。それは、時代はいつか、場所はどこか、登場人部は誰か、季節はいつかなど背景を思い浮かべ、そして自分の気持ちを反映させながら読み進めていくということでした。先生から「読んでいて分からない時はこの言葉が分からないと、質問してください。」と声をかけられると、苦手ながらも自分から進んで読む人が現れました。みんな頑張って学習しています。
    第3回毛筆展示
    12月3日(月)
 1日には、第2回毛筆体験で子供たちが一生懸命に練習した後清書した作品の提示を行いました。先週は、他の学校からの先生方にも見ていただくために展示しましたので、3回目の展示になります。
 3年生は「十」、4年生は「光」、5年生は「ビル」、6年生は「力走」そして国際学級の子供たちも学年に合った文字を書きました。
   新年度入学手続き開始
    12月2日(日)
 1日の学校説明会に参加されたご家族で既にお子様の新学期からの入園、入学を考えていらっしゃる方々が、補佐室の方で手続きをされていきました。願書や家庭調査書及び保健調査書等の提出をされて行かれた方が例年よりも多かったと聞いています。
 お子様達は、会議室でスクリーニングというテストを受けました。これは、年齢相当の日本語の学力レベルを調査するために行っております。
    第2回学校説明会
    12月1日(土)
 1日の9:15〜北カフェにおいて、2019年度新園児・児童生徒募集のための「学校説明会」を開催致しました。早朝からの開催でしたが、62名の皆さんが参加してくださいました。
 校長から補習授業校の概要について、父母の会から熊谷副会長、野沢庶務様に父母の会の活動内容について、DVDによる学校紹介、入学手続きについて、幼小中高等部担当者方の説明等を行いました。
 2校時(10:05〜)は、入学予定学年等の授業参観をしていただきました。引き続き入学希望者には、入学手続きやスクリーニングテストを実施しました。

information

Japanese Weekend School of NJ
ニュージャージー補習授業校

2 Executive Drive, Suite660,
Fort Lee, NJ 07024
TEL.201-585-0555(平日)
   201-493-9222(土曜)
FAX.201-585-1981
http://www.jwsnj.org
E-mail: njws@jwsnj.org


*バスの乗車申し込み(Jersey City, West NY, Summit line )はこちらから→。


代替教員募集!
詳しくはこちら