本文へスキップ

元気いっぱい 夢いっぱい

電話でのお問合せ:TEL.201-585-0555(平日)
201-493-9222(土曜)

2 Executive Drive, #660, Fort Lee, NJ 07024

Japanese Weekend School of NJ -ニュージャージー補習授業校-

校長日記 Principal Diary


このページの先頭へ
    七夕飾り
   
 6月30日(土)
 今日で第1期が終了しますが、父母の会の主催にる七夕飾りが行われました。子どもたちは思い思いに願いを短冊に書き、竹笹に結び付けました。「野球の選手になりたいです。」「もっともっと友達をつくりたいです。」「漢字テストで100点満点をとりたいです。」「このまま平和が続きますように。」など、様々な願いが込められた短冊が見られました。また、友達や他の学年の人たちがどんな願いを書いたのか、一つ一つの短冊をじっと見ている人もいました。行事委員のみなさま、大変ありがとうございました。
  事後研修ー5学年ー
   
 6月29日(金)
 23日の放課後、管理職、全日制からの派遣教員を含めた5名で、研修授業を行った授業についての検討会を行いました。授業者からのねらいや学習指導を進めるにあたって留意したことなどの説明を受けた後、、参観しての感想や意見を出し合い、子供たちの実態に合わせたよりよい授業のための手立て等の改善点について検討しました。
ひし形ってどんな四角形?
   
6月28日(木)
 4年生ではいろいろな四角形について学習していました。向かい合った辺の長さや角の大きさ等について、三角定規や分度器を使いながら特徴を発見しようと一人一人が真剣に取り組んでいました。そして、その特徴が時間とともにどんどん発見され、平行四辺形の中でもひし形という特殊な形があることにたどり着きました。
だ〜るまさんがころんだ!
   6月27日(水)
 23日の昼休みには中庭から「だ〜るまさんが、こ〜ろん だ!」という元気な1年生の声が聞こえてきました。見てみると、鬼さんが「だ〜るまさんが、こ〜ろん だ!」のリズムを変えながらかけ声を唱え、振り向いたときに動いている人を捕まえようとしていました。他の友達は後ろ向きになってかけ声を唱えて間に鬼に近づこうと素早く足を動かしていました。夢中になって遊んでいる様子を見て、クラスの友達との友達関係が深まっていると感じました。
    幼児部お誕生日会
     6月26日(火)
 23日に幼児部では、6月生まれの8名のお友達の誕生日を祝う会が催されました。誕生日を迎えたお友達は前に座って,他の友達から「食べ物は何が好きですか。」「好きな動物は何ですか。」「何色の車が好きですか。」「大人になったら何になりたいですか。」などの質問に丁寧に答えていました。こうした活動によって、お互いをよく知るよい機会になっていると思いました。
きいて、きいて、きいてみよう
    −5年生ー

   6月25日(月)
 23日の4校時に5年生の子どもたちが3校時に学習した「敬語」を実際に使ってインタビューをするという活動を行いました。グループごとに1人1人が順番に質問していくという方式で、回答は各自記録する等を決めて、補佐室にいた校長、教頭、教務を相手に25分間の取材を行いました。丁寧な言葉遣いで質問することができました。
  授業研修−5年国語ー
   6月24日(日)
 23日の3校時に5年生の国語の「敬語」について授業研修が行われました。普段の生活で意識されて使われることは本当に少ない「敬語」について理解しようというねらいでした。〜です。〜ます。の丁寧語に関しては、理解しやすかったようですが、尊敬語や謙譲語で「行く」を特別な言い方にすることに戸惑いを感じていたようです。日本語は、相手や時と場所に応じた表現を大切にしていることをこの学習を通じて知ってもらえたのではないでしょうか。
   授業研修−5年算数ー
   6月23日(土)
 23日の2校時に5年生の算数の「小数の倍とわり算」について授業研修が行われました。基にする数量を1とするとき、比較する数量がいくつにあたるかを表す「倍」という考え方について理解を深めようという学習でした。子供たちはこれまで学んだことを基にしながら、数直線という図式を駆使して課題に取り組んでいました。
 大運動会が新聞報道に
   6月22日(金)
 16日の日付で、「NYビズ」紙と「週間NY生活」の2紙に本校で開催された第22回NJ補習授業校大運動会の様子が掲載されていました。全体でわずか2時間の練習時間しか確保できませんでしたが、父母の会の協力と、中高等部の生徒の運営により、子供たちにとっても保護者にとっても楽しく思い出に残る行事となりました。写真は、「お猿のかごや」リレーと親子二人三脚の様子です。
  大運動会新聞−5年生−
   6月21日(木)
 5年生の廊下には5月28日に行われた大運動会の特集が新聞にまとめられていました。親子二人三脚でのお母さんの感想やら、リレーでのバトンの失敗、台風の目のひみつ作戦、赤組の逆転優勝などなど。中には「縁の下の力持ち、本当のヒーロー!!!」と題して運動会を支えてくれた運動会委員の方々をはじめ多くの人たちへの感謝の言葉が綴られていました。
 
中等部1年生ー時差について−
   6月20日(水)
 16日の午後、1年生の授業「日本と世界の時差をとらえよう」を参観しました。皆真剣に先生の標準時や時差の説明を聞いていました。その後、経度15度ごとに1時間ずつ時差が生じることを基にして、日本とアメリカのニューヨークやイラク、ペルー等の首都との時差を地図帳と計算によって求めていました。時差を意識した生活をしている私にとって「日本では今夜中の2時頃だな。今メールを送ったら一大時差!?。」と身近です。
  忘れ物ですよ
   6月19日(火)
 北カフェ前の廊下に昨年度からの物や、運動会で忘れられた品物を展示しています。衣類、帽子、サングラス、水筒、プラモデル、イヤホン等、10点以上あります。来週も展示していますので、心当たりの方は確認をお願いいたします。今月の30日(土)で処分させていただきます。
きいて、きいて、きいてみよう  ―初等部5年生―
   6月18日(月)
 16日の2校時に5年生の子どもたちが表題の国語の学習の一環としてインタビューをしました。グループごとに質問する人、記録する人等の役割を決めて補佐室にいた校長、教頭、事務長、教務を相手に「好きなことはどんなことですか。」「なぜ好きになったのですか。」等のいくつかの質問について敬語を使った丁寧なインタビューができていました。
   父母の会役員会
   6月17日(日)
 16日の9:30〜6月定例会に出席させていただきました。今月の議題は、会計報告、データ管理、主催行事等についてでした。学校からは児童生徒の募集や七夕かざりに関するの協力依頼について提案させていただきました。父母の会のよりよい運営を目指して熱心で真摯な意見交換が行われていました。
 
  平成30年度前期研修会
   6月16日(土)
 今年度は、補習授業校の教員の使命、教材作成の手順と方法(教員必携関係)、手書き文字(漢字)について研修を深めました。改めて補習授業校の設置の趣旨「「今、日本に帰国したとしても、公立学校にソフトランディングできる」力をつけること。」を確認するとともに「学び続ける教師だけが子どもの前に立てる」を念頭に夏休み中の研修を充実させてほしいと願っています。
俳句を楽しもうー季語−
   6月15日(金)
 3年生の授業を参観に行くと、国語「俳句を楽しもう」という単元の学習をしていました。松尾芭蕉、与謝野蕪村、小林一茶という俳人の作品を基に「季節を表す言葉である季語」を入れ、自然の情景や人の思いを表現しているたった17音の詩を先生の説明を聞き、音読していました。きっと、自分なりの情景が浮かんだことでしょう。
  運動会の作文ー1年生−
   6月14日(木)
 1階の廊下には大運動会の思い出が絵とともに短い1年生らしい言葉と長さで書かれた作品が展示されていました。かけっこや玉入れ親子でのボール運びなどの競技の他に、家族揃って食べたお弁当の時間が楽しかったと書かれていました。
     古本市開催
      ― バス係主催 
    6月13日(水)
 9日の9:00~14:30の間、北カフェでバス係主催の古本市が開かれました。数千冊の文庫本、漫画、絵本等の寄贈があり、単行本や漫画は$1、ハードカバー本やDVDは$2で多くの方々に購入していただきました。
 バス係とボランティアの皆さまお疲れ様でした。また寄贈していただいたりご購入いただきました皆様、ご協力ありがとうございました。
日米商工会議所(JCCI)主催壮行会
    6月12日(火)
 6月8日の金曜日に「第29回ニューヨーク日本商工会議所主催U.S.Educator's Program」で日本に派遣される方々の壮行会に参加してきました。今年度は19名が派遣されます。6月29日に出発し2週間の教育プログラムを体験されるそうです。訪問先は、広島、徳島、京都、東京です。日本のよさを体験してきていただきたいと願っております。
  幼児部授業参観・懇談会
    6月11日(月)
 6月10日は日本では「時の記念日」です。1920年(大正9年)に日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられた記念日だそうです。残念ながら「祝日ではありません。」この記念日に因んで、年中組では「カタツムリ時計」を、お母さんやお父さんに手伝ってもらいながら作りました。紙のお皿を折ったり頭に角や目を付けたり、さらに模様をのり付けしたり時計の文字盤を作ったりと細かな作業もありましたが、全員が可愛らしい時計に仕上げました。廊下に飾られた後、帰りに持って帰りました。
   幼児部授業参観・懇談会
    6月10日(日)
 にじ組では「数」についての学習をしていました。今まで学んだ数について「どちらが大きいか?」という大きさ比べをすることによって、より「数」についての理解を深めるという学習でした。園児達は、2つのチームに分かれて、それぞれ用意したカードを拾い、お互いにカードを見せ合って大きいか小さいかを判定します。ゲーム感覚で学べるので園児達は、自分の出番を心待ちにしているようでした。
  幼児部授業参観・懇談会
    6月9日(土)
 9日は幼児部5クラスで授業参観と懇談会が行われました。
 そら組では「う」の付く動物やものの名前について学習していました。園児達は、見たもの、食べたものなど経験や体験を通して得たものを連想して、元気よく答えていました。続いて隣のほし組では絵本を基にした「時計について」の学習をしていました。先生が開いたページの時刻について「8時」「9時」と元気に答えていました。
   父母の会 図書室前
    6月8日(金)
 毎週図書室の前には、図書委員さんによる写真の様なディスプレイがなされています。
今人気の図書であったり、購入して届いたばかりの図書として訪れた保護者の皆様の目を引くように展示を工夫されていました。たくさんの方に利用していただけといいなと思います。
休み時間は友達とそれぞれ楽しく
    6月7日(木)
 昼食後、各教室から担任の先生に連れられて子供たちが校庭に出てきます。2日は、やや暑いくらいの天候でしたのでどの学年も柔らかいボール、又はバスケットボールなどを使ってサッカーやバスケットボールを楽しんだり、鬼ごっこををしたりしています。他には校庭隅の落ち葉を集めたりや虫の動きを観察したりして思い思いに過ごしていました。
校内毛筆示(5〜6年生)
   6月6日(水)
 5月19日に3年生から6年生が毛筆体験で書いた「毛筆」の第2回目の校内展示を1階の廊下で行いました。
 毛筆体験は、年2回しかなく筆を持って一画一画文字を書くのは難しい学習です。でも、心を落ち着かせ、筆先に集中して文字を書くという体験は、国内でも国語の学習に「習字の時間」があるように日本文化として大切に受け継がれているものです。今回の体験でも一人一人の渾身の一枚が作品として提出されました。
 
  「プラスチックについて」
    6月5日(火)
 プラスチックを詳しく学ぶために4つのブースで学習しました。
@環境に役立つプラスチック〜オムツから重油流出の回収まで〜 Aプラスチックから糸が!? Bプラスチックが縮む!? Cどんな形にもなるプラスチック
@ブースでは、細かいプラスチック粒子が水を吸い込む量は200倍にもなるそうです。また、オイルを吸収専用のプラスチックは、重油流出の際には大量の重油を吸収するのに活躍しているそうです。Aプラスチックを熱して伸ばし、細い繊維を作り、それを基に化学繊維の衣服を作っているという素材を見ました。Bブースでは、かつて日本では「プラバン」作りが子供たちの間で流行しました。プラスチック板に好みの絵やデザインを描き、トースターなどで熱すると縮んでキーホルダーとして利用したりしました。Cブースではお面や玉子パックなど見慣れているプラスチック製品を作る真空成形を実際にやってみました。
 第6回セキスイ化学教室
    6月4日(月)
 2日の放課後、15:10〜今年度もセキスイ米国会社の皆様のご協力の下、化学教室を開催することができました。セキスイのスタッフの皆様は、休日を返上して午前10時に教材を持って来校されました。
 早速教材等をジムに運び込んだり、ジム内の観客席を格納するなどして化学教室の準備を進められました。毎年学習内容に工夫を凝らして教材を準備されています。今年度は「プラスチック」について詳しく学ぼうという内容でした。
 教室での勉強になれたかな?
    6月3日(日)
 2日の午前中1年生の授業風景を参観しました。入学から2ヶ月経ち、一人一人が席について担任の先生の指導の下で教科書を使って学習していました。教科書の文章を読んだり、主語や述語の文を考えて書いたりと、時々手を頭にやって考え込んだりしながらも自分なりに課題に取り組んでいました。
    第1回学校説明会
    6月2日(土)
 平成30年度第1回NJ補習授業校説明会を実施致しました。この時期の開催は、現地校が9月からですので、8月18日からの2期のスタートに向けて入学を考えていらっしゃる保護者の皆様方への説明会です。
当日は10組のご家庭がお子さんを連れて説明会に参加していただきました。概要説明後は、実際に授業風景を見学されました。
     第22回大運動会
    6月1日(金)
 運動会の楽しみは競技ばかりではありません。ピクニック気分でお子さんとともにお昼ご飯を食べるのも格別の楽しみであると思います。食べながら、出場した種目について思い思いの感想が語られたことでしょう。家族の絆も一層深まったことと推察いたします。

information

Japanese Weekend School of NJ
ニュージャージー補習授業校

2 Executive Drive, Suite660,
Fort Lee, NJ 07024
TEL.201-585-0555(平日)
   201-493-9222(土曜)
FAX.201-585-1981
http://www.jwsnj.org
E-mail: njws@jwsnj.org


*バスの乗車申し込み(Jersey City, West NY, Summit line )はこちらから→。


代用教員募集!
詳しくはこちら